働く上でも重要な市場調査のことを、マーケティングリサーチと呼びます。マーケティングを行うにあたり、その商品やサービスが求められている状況を把握する意味合いもあります。自身の企業活動の成功の要とも言える、マーケティングリサーチの意味は理解していても、実際にその活動をするには様々な種類の媒体が存在し、意味のある的確な方法を実践することが難しいということもあります。マーケティングリサーチを始める前に、目的をしっかりと定め、マーケティングに必要な結果をまとめられる力が求められます。目的を定めたあとは、その目的に応じて数値や量でデータを把握する定量調査か、言動や行動のデータから把握する定性調査のどちらの方法を使うのが的確かを判断する必要もあります。

目的に合わせたマーケティングリサーチの方法を選択することがポイント

市場調査という言い方をすれば、大きく二つにわけられることが多く、数値や量の定量データとして残すことが出きると、言葉や行動などの質的なデータとして残すがあります。これから新たに作り出すモノが、前者の一人よりも多くの意見を聞き、全体の傾向を数値化して参考にすべきなのか、それとも、一人ひとりの意見を聞き分け、心理を深く探ることが求められる内容なのかということはっきりさせる必要があります。中でも、現状の満足度を顧客に問いかけ、どのようなところに満足しているのか、反対にどこに改善点があるのかということを聞き出す方法を、マーケティングリサーチと呼ばれることが多いです。より満足度の高いモノを作り出すためには、実際の使用感や初見の印象とのギャップなどを、深く探ることが求められることもあります。

マーケティングリサーチ必要性を考え、意味のあるリサーチをすることが求められる

企業に勤め、企業の利益に貢献をするためには、自分自身が消費者に買ってもらえるニーズに合わせたモノづくりをする必要があります。サービスを造り出す場合にも同じことが言えますが、顧客の欲しいものをリサーチし、それを活かしていく能力が必要となります。まずは、どのような種類のマーケティングリサーチが必要なのか、そして、その中で意味のあるリサーチをする必要があります。例えば、新たなサービスを造り出すとして、まずは訪問をすることで現在のサービスに足りないポイントを押さえ、顧客にアンケートや声掛けをすることで実際その場で必要なモノを見極める、こうして集めた顧客が満足をしていて今後も伸ばしていくべきポイントと、これからさらに生み出していく必要があるポイントを発見することができます。自分が目的とする内容に合うマーケティングリサーチをすることで、その手間が重要な意味を持つこととなります。