マーケティングリサーチとは、企業側が顧客の様々な需要を調査して分析し、商品に反映させ、組織の経営活性化へと繋げる行為を指します。顧客側にもメリットがあり、自分の要望に沿った商品を購入しやすくなるという利点などが挙げられます。マーケティングリサーチには幾つか方法があります。インターネットが普及し情報化社会となった今日、インターネットを利用して顧客の意を酌む事や、実際の市場に出向いて街頭アンケートや商品の試用を勧めるなど様々です。それによる費用対効果も異なってきます。許容されたコスト範囲により、選択出来る方法は分かれますが、費用に見合った信頼度の高いマーケティングリサーチの方法を選択する事が、後々の商品開発やサービスの改良などを成功させる秘訣となります。

マーケティングリサーチを他社に委託する場合

マーケティングリサーチの利用を意識した場合、最初に決めるべき事は、専門の調査会社に委託するか自分の組織で行うかどうかです。業者に委託する場合、当然費用はかかりますが、プロのノウハウによって素人が調査するよりも内容の濃い情報を得る事が期待出来ます。特定の場所や人物の元に出向くなど、条件が固定されている難易度の高い調査でも、そのケースに合ったリサーチをしてくれます。業者選びの際には、調査依頼したい内容の分野を得意とするかどうか、事前に確認しておく必要があります。出来るならば口コミサイトや他者との話での評判を調べておきます。納期を守れるかどうか、費用に見合った調査内容を提供出来るかどうかも業者選びのポイントです。複数の業者が気になる時には、見積もり書の詳細と会社案内などの資料を請求して比較する事も有効です。

マーケティングリサーチを自ら行う場合

自らの手でマーケティングリサーチを行う場合ですが、得られる効果と要されるコストは、方法により大きく異なります。消費者にアンケートを取る方法ならば、消費者への訪問や電話にて対象者に評価を伺う方法や、自社や商品を紹介するサイトでアンケートを実施する方法があります。こちらは通信費等が必要とされますが、比較的安価で意見を回収出来る方法です。他には調査をする為の会場を設け、試供品や特典などを用意し、それに対する利用者の意見を聞く方法です。利用者があらかじめ時間を確保して来場する為、街頭や訪問などよりもしっかりと生の意見を聞く事が出来ます。実施の際には会場を設けるための費用や、試供品や特典にかかるコストを確保する必要があります。特設の会場を設けるのを避けたい場合には、店舗などの商業施設を利用する手段もあります。購入者の店頭での様子を伺い、商品への反応を確認する方法です。