様々なものやサービスがあふれている現代において、企業が新たな物やサービスを提供しようとするときにはマーケティングリサーチが重要となってきます。そもそもマーケティングとは、具体的に何を意味するのでしょう。マーケティングとは、「お客様に価値を提供してお金をいただくこと」そして企業が儲かる仕組みになる事です。企業だけが儲かるのではなく、消費者もその物やサービスに対してお金を払う価値がある、自分のためになる、と感じる事も重要です。そしてどのようにしてそういった物やサービスを産みだせばよいか、それを知る為に必要な事が市場調査、いわゆるマーケティングリサーチです。マーケティングリサーチを上手に活用すれば良い商品、サービスが作れる事間違いなしです。

マーケティングリサーチはどのように行えばよいのか

マーケティングリサーチは具体的にどのように行えばよいのでしょう。何人かの対象に絞り、その人に対して定点的に長期間調査を行うパネル調査、多くの方にアンケートに答えてもらい集計・分析するアンケート調査、複数の人を集めてテーマにそって自由に話し合う座談会・グループインタビュー、対象となる製品を一定期間自宅で、対象者に使用してもらい意見をもらうホームユーステスト、対象者同士が一定の期間SNSなどを用いて議論し合うMROC調査など、その方法は多くあります。調査方法によっては費用がかかるものもありますし、コストをかければ良い結果が得られるというものでもありません。どの方法が自社の製品やサービスに適しているのかを見極める事が良い結果を得るためには大切です。

マーケティングリサーチの活用が成功につながります

マーケティングリサーチを計画通りに行えば、必ず企業にとって良い成果を生み出します。企業側はマーケティングリサーチから得られる情報により、自社の視点ではなく、消費者視点の商品開発を行う事ができます。コストの無駄を省くことができ、効率的な企業活動を行う事ができます。企業が商品やサービスをより、消費者にとって良いものに改良する事により、消費者はより良い商品やサービスを受けられます。また、企業が良いと思った商品やサービスであっても消費者に受け入れられなければ、意味はありません。マーケティングリサーチをしないで商品やサービスを開発するより、少し時間はかかったとしてもマーケティングリサーチを行う事により企業側のリスク回避になります。マーケティングリサーチを行い、活用する事は、企業だけではなくて、消費者にとっても良い事なのです。