マーケティングリサーチとは市場調査といい、企業や公共機関などが自社の製品、もしくはサービスの品質を向上する為に、消費者の好み、要望、不平不満などを科学的に収集し、分析することです。それを製品やサービスに反映し、より消費者の望むものへ昇華していく活動を指します。言葉自体は広く知られていますが、実際にどのようなことをするのかはあまり知られていません。調査方法は定性調査、定量調査と二つに分けられます。定性調査とは数値に表れない消費者の意見を深い部分まで聞き取る方法で手段としてはインタビューになります。また定量調査とは数量的な分析のことを言い、メインの手段はアンケートです。この両者に近年ではウェブ調査を用いることが多くなりました。それにより、低コストで効率的に行うことができるようになりました。

マーケティングリサーチの種類と効果について

マーケティングリサーチには二種類あり、まず定量調査とはアンケートを作成し、一人一人の意見より全体の傾向を知る為に行います。沢山の質問の結果を基に数量的に分析します。このアンケート調査はSNSやインターネットの普及により、手軽に行えますが、電話や郵送で行うアンケートもあります。定性調査とはインタビュー形式の調査で態度や行動に心理や意識を掘り下げることできます。このインタビューの仕方のひとつのグループインタビューは消費者を複数集めて、集団で意見交換しながら消費者の声を聞く方法です。この手法のデメリットは個人的な悩みや意見を言いにくくなる可能性がありますが、ネット上で行うMROCではコミュニティ上で決まったテーマについて参加者とコミュニケーションを取りながら、調査をします。新しい手法ながら、対面では言いにくいような回答を得られ、本音を引き出すことができます。

マーケティングリサーチの利用方法

自社が売りたい商品と消費者が買いたい商品にはズレが生じます。大企業の場合開発に莫大なお金が掛かり、また宣伝もしかりです。しかしそれでも消費者の心に響かず、消えていく商品も沢山あるのが現実です。たとえば商品そのものではなく、ターゲット層や宣伝の仕方やパッケージに少しの改善を加えるだけで、ヒット商品になるということは充分あり得ます。企業はリスクの軽減をする為にマーケティングリサーチを行いますが、他にもこの様々な調査で得られた結果は実に幅広く活用することができます。世間のニーズを把握し、方向性を定めるだけでなく、ライバル社との比較、商品の品質調査をも可能です。一度に行った調査の結果を広く何度も利用できます。企業が調査にあたって、目的と利用法を明確化し、その目的に合致した方法で行うことが大切です。

BtoBのヒアリング調査を得意とし、定量調査では入手できない現場の[生の声」を収集できます。 サービス、流通、IT業界などの調査も承っております。 大阪、京都などの関西圏の調査ならご連絡ください。 建設、土木、電気通信工事、住宅、不動産などの業界の調査ならお気軽にご連絡くださいませ。 市場性調査を行い、市場規模の推移、メーカーシェア、価格動向、将来見込み、市場参入障壁などを明らかにします。 マーケティングリサーチならこちらの会社がオススメです